ニュース一覧

勝守の授与に関するご案内

勝運の神として信仰を頂く太郎坊宮でお授けしている、勝利のお守り『勝守』。

「勝負のお守り」「必勝のお守り」として、中体連や高体連の時期になると大変多くの方々からお問い合わせを頂きます。

その関係上、時期によってはお申し出いただいた数のお守りをご用意できない場合もございます。

 

勝守の授与をご希望の方は、ご予約(お取り置き)も承りますので、神社社務所(0748-23-1341)までお気軽にお申し込みください。

2017年08月24日

【12月3日】お火焚大祭のご案内

 

『お火焚大祭(おひたきたいさい)』は、神道、天台山嶽仏教、修験道が融合した祭礼で、太郎坊宮の象徴とも

いうべき大祭儀です。

 

全国屈指の規模を誇る神道護摩行事であり、各地から納められるご神木(護摩木)は、数万本を超えます。

祭儀当日は数十名の神主や修験者、山伏稚児らが装束を正して祭場に参入。

御神火を奉じて列をなす姿は実に厳かなものです。
そして、神域と俗世を隔てる結界において、山伏問答がなされます。

 


  修験道とは、如何なるものか ―

    修験者の心得とは、如何なるものか ―


張り詰めた空気の中で、粛々と問答が繰り広げられます。

ぜひ、実際の問答に耳を傾(かたむ)けてみて下さい。

 

厳粛に執り行われる祭儀では、国家安泰、天下泰平と共に、皆様の幸福を願い、神主や修験者が真摯に祈りを

奉げます。


正午には、神域に設けられた護摩壇に御神火が燈されます。


 

護摩壇に燈された御神火は瞬く間に広がり、神域には御神煙が立ち込めます。

当日お参りになった方は、この御神煙を浴びて身も心も清らかとなり、諸願成就、心身守護の大いなる御神徳

を頂きます。


 

立ち込めていた御神煙が晴れると、皆様の願いが籠ったご神木が焚き上げられます。祭場に読経が響く中、修験者が護摩壇にご神木を投じ、願いを天高くまで届けます。



その後、お参りの方々による『火渡神事』の修行が行われます。

この火渡神事は、護摩壇から移した火の上を参拝者の方々に素足で渡り歩いて頂くものです。

導師のお導きのもと、心穏やかに、一心に念じることで、燃え盛る火も熱く感じないといいます。


 

無病息災、心身清浄、諸願成就を願い、火渡神事をぜひお修めください。

太郎坊大神様のご加護により皆様の毎日が平安であることをお祈り申し上げ、ご案内のご挨拶と致します。

 

平成29年 第60回 お火焚大祭
12月3日(日曜日)午前10時より

2017年08月24日

【11月中】七五三まいりのご案内

 ❖11月中 毎日10時~16時 (11月以外はお問い合わせ下さい)

 

七五三まいりは、子どもさんが3歳・5歳・7歳になった節目の年に神社へお参りする行事です。

 

最近は「写真を撮るだけ・・・」という方もいらっしゃいますが、七五三まいりは子どもさんの成長を神さまに感謝し、今後の健やかな成長を願う大切な行事です。

 

ぜひ、ご家族みなさまで神社にお参りください。

 

太郎坊宮の七五三まいりは、参集殿(山の中腹にある大きな建物)の中で行っています。

中腹の駐車場から、50段(2~3分)ほど登った場所です。

 

 

七五三まいりの時間は、約15分程度です。

子どもさんの心と体をお清めし、健やかな成長を神さまにお祈りします。

 

そのあとは、巫女さんによる「神楽舞(かぐらのまい)」をかなでます。

※神社の祭礼行事の都合により、神楽舞をかなでられない場合がありますので、ご了承ください。

 

雅楽太鼓の音とともに、巫女さんが鈴を持って舞をします。

普段は見ることができない神楽舞を、おめでたい七五三まいりにかなでるのは太郎坊宮だけ。


子どもさんの健やかな成長を祝い、是非ご参拝ください。

 

※七五三まいりの申込書です。印刷してお持ち頂くと便利です。

 

       ❖七五三まいりのプレゼントの一例です❖

 

 

 ❖七五三まいり よくあるご質問

 Q,何歳の子どもが対象ですか?

 A,平成29年の七五三まいりは、以下の通りです。

  男の子
    数え5歳(平成25年生) または 満5歳(平成24年生)
    数え3歳(平成27年生) または 満3歳(平成26年生)
  女の子
    数え7歳(平成23年生) または 満7歳(平成22年生)
    数え3歳(平成27年生) または 満3歳(平成26年生)

       ※ 数え歳、満年齢、どちらでも結構です。

 

 Q,予約は必要ですか?

 A,11月中であれば、ご予約は不要です(毎日10時~16時)。

  11月以外や、時間外をご希望の場合はご相談ください(神社社務所:0748-23-1341)。

  なお、時間指定のご予約を頂いた場合でも、神社の行事や先着の方がおられた場合はお待ち頂く

  ことがあります。

 

 Q,おいくらですか?

 A,七五三まいりのご祈祷は、5,000円となります。

  ご兄弟・姉妹も一緒の場合は、お一人3,000円プラスとなります。

  (たとえば、お兄ちゃん5歳・妹さん3歳の場合は8,000円です)

 

 Q,階段は大変ですか?

 A,七五三まいりを行う参集殿まで、中腹の駐車場から50段ほど(2~3分)です。

  手すりもありますので、ご高齢の方でも大丈夫です。

  事前に予約を頂けば、中腹の駐車場にある祈祷殿でも七五三まいりができます(階段なし)ので、

  ご希望の方はご相談ください。


 Q,むずかしい決まりごとはありますか?

 A,なにもありません。

  儀式中は神社の神主や巫女がていねいにご案内します。  

  服装も、和服・洋服どちらでも結構です。神さまに失礼にならない服装でお越しください。

  

 Q,子どもが静かにできるか心配です。

 A,七五三まいりは15分程度です。

  そのあいだ走り回る子どもさんや、泣いている子どもさんなど、それぞれです。

  子どもは元気が取柄といいますし、お気になさらないでください。

 

 Q,七五三まいりを忘れていました・・・。年齢が違っても大丈夫ですか?

 A,子どもさんの健やかな成長をお祈りするのが七五三まいりです。「年齢が違う」といった場合でも

  ご心配はいりませんので、受付の神主にお申し出ください。

  

2017年08月24日